夢占い-日常生活編③(誰かに追われる~赤ん坊を抱く)

スポンサーリンク

みなさん、こんばんは☆

昔、好きな人の写真を枕の下に入れて寝ると、その人が夢に出てくると聞いたことがあったので実践してみたですが、一度も見れなかったです(笑)。反対に、寝る前にホラー映画を見てしまうと、100%その続きを夢で見てしまいます( ゚Д゚)!それ以来、寝る前は絶対見ないようにしています。

では今日も夢占いの日常生活編の続きを書いていきたいと思います!


・誰かに追われる:追われて追いつかれなければ心配事が解決するが、追いつかれたら心配事は解決せず悩み続ける。

・誰かを追う:追っている相手に追いつけば問題が解決したり願いが叶うが、追いつけなかったら心配事が起こったり願いは叶わず失敗に終わる。

・金、銀の食器類が出てくる:金や銀のさかずきや道具、品物が出てくるのは、願いが叶い幸運を手にする予告夢。出世したり仕事の成功、恋愛や結婚話がうまくいくなど。

・道が行き止まりになる:道=自分の現在・未来を表すので、道が行き止まりになるということは未来が行き詰ることを教えている警告夢。また道が狭かったりカーブが多かったりすると、困難や苦労が絶えないことを予告。逆に広くて整備された道を進む夢は、願い通りの未来が待っていることを予告する大吉夢。
※もし行き止まりや狭い道の夢を見てしまった時は、今計画していることや望んでいることについて、やり方を改善したり見直してみるといいかもしれませんね。

・陶器を割る:茶碗などの陶器を壊す夢は、ちっとした言葉の行き違いなどによる口論や喧嘩、トラブルが起こるという警告夢。

・にぎやかな街を歩く:仕事上で大いに繁栄する

・エレベーター/エスカレーターに乗って上がる:運勢や生活レベルが上がり問題が解決する吉夢だが、反対に乗って下へ下がる夢は物事がうまくいかず停滞することを示す。

・階段を登る:障害があり、なかなか思うように事が進まず苦労することを示すが、反対に階段を降りる夢は手掛けていることがスムーズに運んだり、悩み事が解決する吉夢。
注)登る=吉夢、降りる=凶夢という逆の説もあります

・神社に参拝する:公私ともに幸運な人生が始まる。独身なら良縁が、仕事面では目上や有力者の引き立てがあったりする。

・友人が訪ねてくる:何かしら近いうちに良いことがある。
※友人=幸運ということですね♪

・(遠く離れている)兄弟・姉妹が訪ねてくる:訪ねてきた人の周りで何か不吉なことが起こる。
※できれば見たくない夢ですが、もし見てしまったらすぐにご兄弟・姉妹に連絡をし、無理や危険なことをしないよう注意をしておいて、不吉なことが起こることを回避しましょう!

・橋を渡る:橋は希望に向かって橋渡しをするという意味がある大吉夢。橋が大きければ大きいほど大きな夢が叶うが、渡り切ること。途中で橋が崩れたり折れる夢は、計画の途中で挫折したり事故にあうという警告夢。
※途中まで行って引き返す夢は、計画が停滞してなかなか進まないということになります。

・掃除をする:近々親戚や友人が急に訪ねてくることの予告夢。
(体験談)この夢の意味を知っていた私は、夢を見た日に急いで掃除をしました!そして訪ねてきましたよ、友人が(^^;。夢の中で掃除をしなさい!と教えてくれるのは助かります・・・、ってそんなに汚部屋なのか?違いますよ(笑)!

・赤ん坊を抱く:男の子を抱く=願い事が叶う。女の子を抱く=もめ事、トラブルが起こる。
注)ただしリアルな感じの結婚生活をしている場面で赤ん坊を抱いている場合は、正夢として近い将来結婚して子宝に恵まれる、という解釈になります。

いかがでしたでしょうか?今日の夢の解釈は2パターンで意味が逆になるものが多かったですね。
今夜はリアルな感じの結婚生活をしているという設定で赤ん坊を抱いている夢を見たいなぁ(笑)。おやすみなさい☆彡

スポンサーリンク
なおん

投稿者: なおん

コスメ大好き、スピリチュアル大好き、勉強嫌いだけどテキスト・問題集購入大好き(笑)。何でも比較することが好きです。一度だけではなく時期をあけて再トライし、新たな発見をすることも得意です!